主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

【グルメの迷宮】渋ウマの町でカツでアンニン◆金町[喝]

11/07/08 |散歩の達人編集部より|

 おひさしぶりで行く場所って、記憶の中で誇張され気味で、金町駅くんだりもそうだったりする。都心部から電車に乗ってみると、地下鉄経由とかでするっと行き着けてしまう。あれれ、こんな近くだったっけ、である。 

 金町駅は、寅さんでおなじみ柴又帝釈天さんへの、いわば表玄関口である。帝釈天さん参りに出向くなら、ここと高砂駅を結ぶわずか3駅の京成電鉄金町線に乗り換えて(楽しい)隣駅で降りれば、はい到着よ、である。

 帝釈天さんが、時を越えた市井の下町テーマパークであるならば、金町はそこから一歩身を引き、下町の昔と今を見据えつつ、なんとなくどっしり構えている。こういう何気に渋い味わいの日本酒みつけたら、クセになるだろうな。

 記憶にある一昔前に比べると、マンション群が増え、駅周辺のマッチ箱を連ねた風の町並みがこざっぱりして、ひとかわ剥けたというか、ひとかわ被った感じがする。 

 それはともかく、今回の食いモノである。JR金町駅の北口側に出て、駅前のバスロータリーを正面に見て左手、JRの線路沿いの「かなまちGINZA商店街」をゆるゆる歩いていく。道がカーブしはじめて、通りの右手に肉屋が見えたら、手前の建物の2階に、お目当てのトンカツ店「喝」はある。カツに賭ける心意気と洒落っ気を一緒くたに封じ込めたような店名だねえ。

  1.jpg     

 

うっかりすると通りすぎてしまいそうな入り口だ。しかしなぜかトンカツ屋には、こういった小ぶりなビルの2階かでこそっとやっている系の店が少なくない。

でもって味のヒット率が高いときている。「喝」も期待できそうだぞと軽く階段を上がり、こんちわーと2階の店舗へ。

 一種独特な民芸風に整えられた明るい店内である。

2.jpg

 夜の部は品揃え豊富な居酒屋としても利用できるとか。さっそくお品書きに目を通す。通常のとんかつの上に、特ロース&ヒレがあり、さらにその上に「限定品いも豚ロース」なんてものまで用意されている。話をうかがうと、文字通りさといもを食べて育った上質な豚の肉だそうで、脂に甘みがあってウマウマだとか。2000円台に乗ってしまうけど、せっかくだから試してみましょうかねと注文。

 ここのトンカツは、肉以外にも細かくカスタムがかかっていて、まず、ご飯を白米か十穀米か選ぶ。次いでぽん酢または白しょうゆのつけだれを選ぶ(特以上のコース)。これは未体験の白しょうゆをチョイス。刻みキャベツはカツとは別の小皿で供され、漬け物数種(美味)は入り口近くのコーナーで好みのを選んで取ってくるという次第(上写真左手参照)。

 面白がっているうちに、主人公の「限定品いも豚ロース」がやってきた。

3.jpg

 ひと口めは、塩で。

 ふうむ……。適度な汁気を残して挙げられた「いも豚クン」は、赤身部分もさることながら、確かに脂の部分にぐっときた。ほのかな甘みを持つ脂なら、たまにおめにかかるが(それでも十分に美味うれしい)、この豚クンはもう一歩踏み込んでくる甘み。それが後クセなく、舌の上でさらりとほどけて喉奥へ飲み込まれていく。衣がまた上々の出来で、厚すぎず薄柔らかすぎず、さりげなく豚クンを引き立てる。おお、これはイケる。

 ふた口めは、白しょうゆのつけだれで。 

 

.jpg

 薄くのばした白しょうゆに、好みで大根おろしと、おろし生姜を加え、豚クンをちょい漬けして頂戴するという寸法。トンカツ用に調整した天ぷらのたれみたいな味わいで、これはこれでアリだなとパクパク。

 とんかつソースも用意されているが、どうもソースは、主張がすぎて肉本来の味を損なう気が以前からしている。ビンボー症なのか、肉が上等だともったいなくて使えない。ま、単に好みですけどね。

  そそくさ食べ終えて、続けて頼んだのが杏仁豆腐。店のオリジナルだそうで、お品書きを見た時からずっと気になっていたのだ。これがまたなかなかのシロモノ。

5.jpg

 近頃の美味しい杏仁豆腐というと、やわらかぷよぷよが主流。確かにコクがあって美味い。一方、この店の杏仁豆腐はぷよぷよと固めの中間。口に含むとしっかり存在感があり、しかもコクがあるという逸品なのだ。これまた後味あっさりなので、トンカツの〆に食べると、いい具合に口がまとまる。なかなかお目にかからりませんぜ、こんな杏仁豆腐。杏仁豆腐マニアにもおすすめしたい出来である。

  トンカツも杏仁豆腐も、食後感はさっぱり。胃もたれなんぞいたしません。

 すっかり満足して帰り際、厨房から顔を覗かせていたご店主に思わず「トンカツもいけるけど、アンニン美味いっすね」と声をかけた。

「いやもう、我流なんですけどね」と、料理を彷彿させるさっぱりした声でご店主。

 料理は人柄だなあとあらためて思うのであった。

 (写真・文=奥谷道草)

  

DATA とんかつ 喝

限定品 いも豚ロースかつ ロイン150g2130円 リブサイド230g2970円 杏仁豆腐350円 葛飾区東金町1-11-3 伴ビル2階 電話03-3608-7141  営業時間 11:00~13:30  17:00~21:30 水曜と第2木曜休