主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

H5系にそっくり 函館市 新幹線色市電&バス

14/10/06 |交通新聞より|

  2015年度(平成27年度)末に迫った北海道新幹線新函館北斗開業の機運を盛り上げようと、函館市は1日から新幹線カラーの市電とバスの運行を開始した。窓も同じサイズにくり抜く凝りようで、特にバスは新幹線と同じ塗料を使用、北海道新幹線を強くアピールする。

 新幹線カラーは、2連接式の低床電車「らっくる号」と函館バスが新規導入したノンステップバスの各1両。いずれも北海道新幹線車両の「H5系」と同様、上部を常盤(ときわ)グリーン、下部を飛雲(ひうん)ホワイトに色分けし、彩香(さいか)パープルの帯を配した。窓ガラス部分も常盤グリーンのシースルーシートで覆い、新幹線と同サイズの窓枠分をくり抜いた。

 ラッピングの市電に対し、バスはJR北海道の協力により本物の新幹線塗装が実現。車体下部にはH5系のイラストもあしらった。市電は2路線ある通常ダイヤに組み入れ、バスも市内の主要路線を中心に走行。北海道新幹線開業まで運行を続ける。

.jpg

.jpg