主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

地元「多摩川梨」のジャムで新メニューJR横浜支社川崎市 南武線沿線で発売

14/10/14 |交通新聞より|

  JR東日本横浜支社と川崎市はきょう14日から11月13日まで、南武線沿線の地域活性化策の一環として、同市多摩区で収穫された「多摩川梨」のジャムを使った新メニューを考案し、沿線各店舗で提供する。同線利用者に地域の農産物に触れる機会を提供し、地域農業の活性化や地産地消の取り組みを推進する。

多摩川梨は、江戸時代中期から盛んに栽培され、2012年度(平成24年度)は約514トンを収穫。近年は幹線道路沿いの直売と贈答用の宅配が主流となっている。ジャムへの加工は、福祉事業所「はっぴわーく」(同市)が担当する。

新メニューは、同社グループのジェイアール東日本フードビジネス(JEFB)が開発。ベックスコーヒーショップ4店舗(武蔵小杉、武蔵中原、府中本町、立川)では「多摩川梨ジャムトースト」(税込み230円)、ベッカーズ2店舗(武蔵小杉、武蔵溝ノ口)は「多摩川梨ジャムのデニッシュ」(同190円)を販売する。

また、リトルマーメイド武蔵新城店では、「多摩川梨ジャムのトレインパウンドケーキ」(同700円)を発売する。いずれもジャムがなくなり次第終了。

各店舗では、新メニュー発売記念キャンペーンも実施。対象メニュー注文時に手渡す応募はがきにスタンプを集めて投函(とうかん)すると、抽選で各10人に同市内産農産物の加工品セット、オリジナル鉄道グッズをプレゼントする。

.jpg

.jpg