主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

海中の地酒引き上げ体験 JTB 東北ふるさと課ツアー

14/10/28 |交通新聞より|

 JTBは11月、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市を観光分野で支援するため、海中貯蔵していた地酒を引き上げる体験型ツアーを実施する。JTBコーポレートセールスが、ボランティアツアーで生まれた地域とのつながりを育てたツアーで、名付けて「東北ふるさと課(化)シリーズ」、その第6弾。

観光客の受け地が主体となって企画する着地型ツアーで、一般的な観光資源の少ない地域でも行程を組めるのが着地型のポイントだ。今回のツアーは「地酒(蒼天伝)海中貯蔵と貯蔵酒引き上げの旅」。同シリーズツアーは9月に開かれた「ツーリズムEXPOジャパン2014」で、日本旅行業協会(JATA)が主催した「JATAツアーグランプリ2014」で観光庁長官賞を受賞した。

ツアーは11月8日東京発1泊2日で、東北新幹線とバスを乗り継いで気仙沼へ。カキの代わりにカキ棚で1年間寝かせた、地元の銘酒の引き上げを体験する。併せて、震災ボランティアを経て東北に移り住んだ若者や震災の記憶で恋文大賞を受けた酒店女将(おかみ)の話を聞くなど、気仙沼の人たちとの触れ合いタイムも設ける。

ツアー代金は3万9800円からで、募集30人、最少催行人員20人。

.jpg

.jpg