主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

佐賀県名産品とコラボ 期間限定ショップ JR東京駅地下に開設

14/10/30 |交通新聞より|

  今年で発売開始50周年を迎える森永製菓の「森永ハイクラウンチョコレート」と、佐賀県の名産品を組み合わせた特設ショップが27日から、JR東京駅に期間限定でオープンした。12月7日まで。

店舗名はチョコレート「ハイクラウン〝2坪〟ショップ」で、同県が県産品を東京でPRして知名度を上げる「佐賀ファクトリー」の一環。森永の創業者で、〝西洋菓子のパイオニア〟と呼ばれた森永太一郎が佐賀県伊万里市出身という縁で、異色のコラボレーションが実現した。

チョコレートにセットするのは有田焼の容器や佐賀産の日本酒。チョコをさかなに日本酒をたしなむ若い女性を意識した。ショップが設けられたのは東京駅地下のグランスタで、JR東日本グループの鉄道会館は地域観光振興などを狙いに、各地の魅力を発信するイベントを数多く開催する。

オープン初日は佐賀県の坂井浩毅副知事、森永の新井徹、鉄道会館の井上進の両社長らが出席してオープニングセレモニー。午後から一般販売を開始した。

.jpg

.jpg