主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • 児童書
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

「四国旅情」を満喫 ステーションC東四国が新駅弁

17/03/21 |交通新聞より|

  JR四国グループのステーションクリエイト東四国は、4~6月開催の四国デスティネーションキャンペーンに合わせ新駅弁「四国家(しこくけ)のおもてなし弁当」(税込み1280円)を発売する。キャンペーン開催地が四国全県を跨ぐことから、単県ではなく4県の〝食〟で献立。「四国旅情」が満喫できる弁当を目指した。

 折り詰めを飾るのは、徳島の有名地鶏を使った「阿波尾鶏の照り焼き」、香川県の伝統食「しょうゆ豆」、愛媛を代表する食「真鯛の塩焼き」、高知の家庭料理「かつおのやわらか煮和風あんかけ」など四国ならではの味16品。掛け紙ではお遍路さんの様子や島内の代表観光地の写真を載せ、四国らしさを表現した。

 発売期間は4月1日~6月30日。高松駅弁当販売店(7時20分~20時)と特急列車「しおかぜ」(予讃線丸亀―観音寺間)、「南風」(土讃線丸亀―琴平間)の一部列車で取り扱う。

.jpg

.jpg