主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

「前頭オオイ」再び開放 リニア・鉄道館 きょうから「新幹線大公開」

17/12/06 |交通新聞より|

  JR東海はきょう6日から、名古屋市の「リニア・鉄道館」で「新幹線大公開 ひみつを知ると、もっと楽しい!」をテーマにした車両公開、ガイドツアー、クリスマススタンプラリー、新コンテンツの上映など多彩なイベントを開催する。来年2月28日まで。

 秋のイベントで好評だった「前頭オオイ」の特別開放をこの冬も行う。今回の対象車両は100系。9日から来年2月25日までの土曜日・休日の各日2回公開する。ガイドツアーでは、新幹線の走る、止まる仕組みについて模擬運転台を使い解説する。

 新幹線関連では、「300X」の車内、100系、700系の各運転台を公開するほか、来年1月13、14日と2月17、18日に新幹線の運行に携わる社員が業務内容を紹介するイベントも実施する。

 今月9日~24日の土曜日・休日と25日には、クリスマスに合わせたスタンプラリー「あわてんぼうのサンタクロース」も初めて開催。スタンプを集めてカードを完成させる。カードは各日1000枚限定。

 映像シアターでは、新コンテンツを6日から放映する。今年秋に開催した企画展をまとめた「ドクターイエローの軌跡 THE History of Dr.Yellow」と題したもので、車両の歴史や各種検測技術の変遷を映像を通じて紹介する。上映時間約15分。

 また、9~25日に来館すると、入館ゲートで同館オリジナルの2018年(平成30年)カレンダーがもらえる。平日先着200人、土曜日・休日同1000人限定で、大人料金で入館した人が対象。

 このほか、地元の保育園児によるキッズコンサート(10日、16日)、ミュージアムショップでのクリスマスフェア(25日まで)、同館最寄りの商業施設「Maker’s Pier(メイカーズ ピア)」とのタイアップ企画なども展開する。

.jpg

.jpg