主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

京都鉄博で配給車展示 21日から

17/12/12 |交通新聞より|

  京都鉄道博物館は、JR西日本が保有する配給車「クル144・クモル145」を21日午後から26日まで、本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリアで展示する。

 配給車は車両のモーターやクーラー、修繕用部品などの資材を現場間で輸送する役割を担う事業用車両。配給車の記号である「ル」は「配る」に由来する。トラックへの置き換えが進み、JR西日本には今回展示の2両のみが残る。

 展示車両は、昭和30年代製造の101系車両を旧国鉄広島工場(現JR貨物)で配給車に改造したもの。クル144―15(旧クハ101―32)とクモル145―1015(旧クモハ101―13)の2両を連結して運転する。吹田総合車両所京都支所(京都府向日市)で構内の車両入れ換えなどに使われ、営業線での活躍は少ない。

 車両は21日に搬入、当日の展示は15時すぎから行う予定。

.jpg

.jpg