主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

電気機関車見学16日にイベント 近江鉄道

17/12/14 |交通新聞より|

  近江鉄道は16日、彦根駅に留置している電気機関車を見学できる特別イベントを同駅東口そばの同鉄道ミュージアム鉄道資料館で開催する。

 同鉄道では、1988年(昭和63年)まで貨物列車を運行。その後もED31形5両、ED14形4両、ロコ1101の1両計10両の電気機関車を保有しているが、老朽化に伴い順次解体する。解体前に機関車の“雄姿”を見てもらおうと今回のイベントを企画した。

 当日は、ミュージアム内に留置している電気機関車の後部に貨車「ワ」、工事用車両「ホキ」「チ」を連結し、現役当時の姿を再現する。また、ED31形の汽笛吹鳴やブレーキ操作体験を4回に分けて実施する。各回先着20人限定。

 このほか、ED31形とED14形をデザインしたキーホルダーも会場で販売する。値段はいずれも税込み500円で各300個限定。キーホルダーは20日から米原、彦根、八日市、貴生川、近江八幡の各駅と同社通信販売でも取り扱う。

.jpg

.jpg