主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

駅にまつわる写真から推理 「鉄道探偵」スタート JR北海道

17/12/15 |交通新聞より|

  この写真はどこの駅――。JR北海道は14日から、駅にまつわる写真から「何駅」かを推理して、実際にその駅に足を運んでもらう企画「ドコエキ?鉄道探偵」をスタートした。

 同社の駅は、青森県の奥津軽いまべつを含め417駅ある。企画では「それぞれの駅にはいろいろなストーリーが隠れている」として、参加者が「鉄道探偵」になって推理してもらう。

 キャンペーン専用ウェブサイト(www.jrhokkaido.co.jp/dokoeki/)に駅舎やホーム、駅に置かれたモニュメントなど特徴ある一部の写真を「お題」として掲載。参加者は、どこの駅か分かれば実際にその駅に行き、お題に自分を入れた写真を撮って応募する。

 お題は難易度で分けた初級13問、中級16問、上級14問の計43問。それぞれ挑戦する級の必須お題1問を含めた3問(上級は4問)を解いて、パソコン・スマートフォンから写真を送る。初級、中級各3問、上級4問の計10問を解くと応募できる「全ステージ制覇賞」もある。

 応募期間は来年2月末まで。正解者の中から抽選で101人にオリジナル懐中時計や道産特別栽培米「ゆめぴりか」4キロ、北海道新幹線オリジナルグラス2個セットなどが当たる。また、参加者全員にパソコン版、スマホ版のオリジナル壁紙をプレゼントする。

 同社の島田修社長は「これをきっかけに鉄道や駅に関心を持ってもらえれば。鉄道に乗車してその場に行くことで、ご当地入場券と同様、地元にもお金を落としていただきたい」と話している。

.jpg

.jpg