主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

戊辰戦争150周年記念 JR東北総合S仙台支店 特製純米酒発売

18/01/10 |交通新聞より|

  JR東日本東北総合サービス仙台支店は、日本酒「戊辰150周年 会津藩御預かり 新選組 三番隊組長『斎藤一』純米酒辛口」を発売している。 

 2018年(平成30年)は戊辰戦争から150周年に当たり、福島県会津若松エリアを中心にさまざまな記念行事が行われる。会津若松市の公式キャッチフレーズ「『義』の想い つなげ未来へ―。」に合わせて、最後まで会津への忠義を貫いた新選組・斎藤一の名前を商品名に取り入れた。 

 商品は、会津の酒蔵・榮川酒造(磐梯町)が会津産の米100%と名水を使って製造し、JR東日本東北総合サービスと森(郡山市)が企画協力。日本酒度プラス8~9で辛口。ラベルは、新選組の羽織の柄をモチーフに、会津若松市の公式ロゴをデザインした特製5勺(しゃく、90ミリリットル)の升が付く。

 値段は税込み1000円(300ミリリットル入り)、製造量1500本。会津若松、新白河、郡山、福島各駅のほか、仙台駅でも販売している。

.jpg

.jpg