主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

駅構内に美しい音色 東日本鉄道文化財団 仙台駅でコンサート

18/05/09 |交通新聞より|

  東日本鉄道文化財団は6月1~3日の3日間、仙台駅2階ステンドグラス前で、2018年度(平成30年度)「仙台駅 杜の都コンサート~杜の都の名手たち~」を開催する。JR東日本が後援。

 同コンサートは、作曲家の池辺晋一郎氏を音楽監督に迎え、2006年から実施。10年以上にわたる取り組みが評価され、昨年は価値ある芸術文化支援活動を表彰する「メセナアワード2017」で、「メセナ大賞部門 優秀賞」の「プラッと音楽賞」を同財団が受賞した。

 今回は、指揮を松井慶太氏(1日)、池辺氏(2、3日)が務め、仙台フィルハーモニー管弦楽団が演奏。初日は「ピアノ協奏曲 ニ長調~第1楽章」「同 第1番~第1楽章」など4曲、2日目は「王宮のコンセール」「幻想曲」など5曲、最終日は映画「影武者」「ゴジラ」のテーマなど6曲が披露される。

 ゲストは、1日が永野光太郎(ピアノ)、森岡正典(トランペット)、2日が永野光太郎(チェンバロ)、神谷未穂(バイオリン)、戸田敦(フルート)、西沢澄博(オーボエ)、三宅進(チェロ)。

 開催時間は1日17~18時、2、3日16~17時。入場無料。

.jpg

.jpg