主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

栃木の地酒、堪能ツアー JR大宮支社 6月に3コース設定

18/05/14 |交通新聞より|

  JR東日本大宮支社は、6月に運転する団体臨時列車「ほろ酔いとちぎ号」(上野―日光・宝積寺間)に合わせて、日帰り旅行商品「ほろ酔いとちぎ号で行く ほろ酔いとちぎ旅」を発売している。 

 列車は、485系「華」(往路のみ)を使用し、6月2日に日光、同16日に宝積寺と烏山を訪れる3コースを設定(いずれも到着後、自由散策)。各日100人募集。復路は東北新幹線を利用する。

 栃木の地酒の魅力を堪能してもらおうと、車内に地元の蔵元が乗り込み、酒の紹介や試飲を実施。地産品にこだわったオリジナルつまみ弁当も提供する。宝積寺駅前ではマルシェが開催され、烏山コースは臨時運転する蓄電池電車EV─E301系(愛称・ACCUM=アキュム)に乗車する。

 旅行代金は上野発着大人1万4500円など。往復のJR、弁当、地酒2本(180ミリリットル)、飲み比べクーポン、水(500ミリリットル)をセット。申し込みはびゅうプラザなどへ。

.jpg

.jpg