主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

牡鹿半島で自転車旅 JR仙台支社VTSなど 専用列車商品を発売

18/06/05 |交通新聞より|

  JR東日本仙台支社と同社グループのびゅうトラベルサービス(VTS)、石巻圏観光推進機構は7月29日、旅行商品「サイクルトレイン牡鹿号で行く『牡鹿半島ぐるっとライドOSHI1(オシイチ)』日帰り旅行」を設定し、参加者を募集している。サイクルツーリズムを通じて宮城県牡鹿半島の交流人口拡大を目指す。

 サイクルトレインはキハ110系2両編成を使用し、往路が仙台発7時10分ごろ、石巻線女川着が9時3分ごろ。復路が石巻発14時56分ごろ、仙台着16時23分ごろ。車内にスタンドなどを用意して、自転車をそのまま持ち込める。女川、石巻駅では、笹(ささ)かまぼこや地元スイーツの振る舞いもある。

 サイクルイベント「牡鹿半島ぐるっとライドOSHI1」は、同列車乗客限定で、9時30分に女川駅前広場を出発。御番所公園や月の浦展望台など牡鹿半島の景勝地を巡り、14時30分に石巻駅に戻る。走行距離70キロ、獲得標高1290メートル。参加は過去に100キロ程度のロングライドを6~7時間程度で完走した経験がある人に限る。

 募集人数32人(最少催行25人)。旅行代金は仙台発着大人9800円。今月11日までVTSのホームページで申し込みを受け付けており、抽選の結果は同13日にメールで連絡する。

.jpg

.jpg