主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

「伊豆食材フェア」開催 JR横浜支社 「のもの」飲食2店で

18/06/07 |交通新聞より|

  JR東日本横浜支社は今月から、上野駅「のもの居酒屋〝かよひ路〟」と品川駅「のものレストラン〝みやこ〟」で静岡県伊豆エリアの魅力を発信する「伊豆食材フェア」を開催している。8月まで。

 同支社では、来年開催の「静岡デスティネーションキャンペーン」(4~6月)に向けて現在、プレキャンペーンを展開。その一環として、ジェイアール東日本フードビジネス運営の2店舗で、地域の伝統食材から旬の食材まで提供する。

 かよひ路では、12メニュー提供(このうちランチ1メニュー)。三島馬鈴薯を使った「みしまコロッケ」(520円)、西伊豆伝統の一品、「潮かつおじゃがバター」(580円)、伊豆の唯一の酒蔵の地酒をラインナップ。同社6次産業化プロジェクトで開発された伊豆産伊勢エビを原料にした「殻絞り海老ソース」を使用した「伊勢海老殻絞り豆乳冷やしうどん」(950円)なども味わえる。

 みやこは、「伊豆殻絞り海老ソースのちゃんぽん」(1180円)や「伊豆釜揚げしらす丼」(1280円)、「伊東名物 鯖のさつま揚げ」(530円)など6メニュー。フェアを通して、海の幸や山の幸のほか、大地の恵みなど、伊豆の多彩な食の魅力を発信する。

.jpg

.jpg