主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

明治維新をかじる旅 日旅がシリーズ化 第1弾は〝薩長土肥〟8月からは明治黎明期ゆかり地

18/06/18 |交通新聞より|

  日本旅行は明治維新150年の今年、維新の足跡に触れる旅行商品を「明治維新をかじる旅」のネーミングでシリーズ化する。改革の原動力となった薩長土肥(薩摩、長州、土佐、肥前の4藩で、現在の鹿児島、山口、高知、佐賀の4県)を取り上げ、各藩から西郷隆盛、高杉晋作、坂本龍馬、大隈重信ゆかりの地を訪れる。

 ツアーメニューは選択制で、鹿児島の西郷どんにふれる旅では「大河ドラマ館入館券」「指宿ご当地グルメ」、山口の高杉晋作にふれる旅では、「萩・明倫学舎入館券」「〝はぎ御膳〟ランチ」などから選ぶ。

 首都圏発、関西発の2種類で現地までは新幹線や在来線特急を利用。佐賀は長崎へも足を延ばす。ツアー代金は1泊2日食事付きで、首都圏発3万300円から、関西発1万6800円から(宿泊のみのプランも設定)。中部、関西、広島、九州発もある。

 なお、期間中に同シリーズで2回以上旅行すると「佐賀牛入りハンバーグ」などご当地グルメを抽選でプレゼントする。

 第2弾として、鳥羽伏見の戦いから箱館戦争まで明治黎明(れいめい)期のゆかりの地を訪れ、観光と学びの要素を盛り込んだ商品を8月から発売する予定。

.jpg

.jpg