主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

仙台―金沢間直通新幹線で行く 宇都宮発着の旅行商品 JR大宮支社びゅうトラベル

18/08/28 |交通新聞より|

  JR東日本大宮支社と同社グループのびゅうトラベルサービスは、10月9、10日運転の仙台―金沢間直通専用新幹線「爽秋の北陸号」に合わせて、宇都宮発着の1泊2日旅行商品を初めて設定し、各駅のびゅうプラザなどで発売している。

 北陸号は、9日の往路が仙台発7時56分ごろ、金沢着12時8分ごろ、10日の復路が金沢発17時26分ごろ、仙台着21時29分ごろ。宇都宮は9時12分ごろ出発し、20時16分ごろ到着する。旅行商品のみの取り扱いで、座席の一般発売は行わない。

 旅行商品「爽秋の北陸号で行く 金沢・富山・宇奈月温泉」は、宇都宮発着大人1人(2人1室利用)で金沢エリア2万8500円、富山エリア2万6500円、宇奈月温泉エリア4万1000円など。1人から申し込み可能、大宮発着の設定もある。

 また、同社では、新幹線を利用して北陸エリアを訪れる人を対象に、びゅうプラザ10店舗で「北陸新幹線に乗ってお土産GET〓キャンペーン」を実施している。12月24日まで(対象出発日は10月1日以降)。

 対象旅行商品を購入してアンケートに回答すると、先着1700人に金沢、富山両駅の特定店舗などで利用できる買い物券1500円分を進呈する。利用期間は10月1日―来年1月6日。実施店舗は、川口、浦和、大宮、宇都宮、熊谷、高崎、前橋、長野、松本、上田各駅のびゅうプラザ。

.jpg

.jpg