主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

トピックスニュース

愛知DCに合わせ新弁当発売&フェア JRCP、きょうから

18/08/30 |交通新聞より|

 ジェイアール東海パッセンジャーズ(JRCP)はきょう30日から、10~12月に展開される「愛知デスティネーションキャンペーン」(愛知DC)に合わせ、愛知県の食文化の礎を築いた「醸造」をコンセプトにした新弁当を発売するとともに、愛知フェアを開催する。

 新弁当は、県内の醸 造メーカーのたまりじょうゆ、豆みそ、酢などの醸 造調味料を使用した「醸(かもす) 幕之内」(税込み1100円)と「醸 鶏重」(900円)の2種類。

 幕之内は、名古屋コーチンとゴボウのたまり飯や、鶏とうずら卵の豆みそ風味、キャベツの酢の物を盛り込み、醸造のうま味を楽しめる。鶏重は、たまりじょうゆが香るご飯の上に、県産ののりを敷き、豆みそを使ったタレを塗った鶏照り焼きを載せた。名古屋駅の弁当売店などで12月中旬まで取り扱う。

 愛知フェアは、東海道新幹線名古屋駅のデリカステーションに愛知県の土産、菓子を集めた特設コーナーを設置。「ヒレみそかつサンド」(640円)、「世界の山ちゃんジャガおかき」(842円)などをラインアップする。10月31日まで。9月27日から12月中旬までは同新幹線の車内販売でもフェアを行う。

.jpg

.jpg