主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

DJ 鉄道ダイヤ情報

1月15日発売
定価:895円(税込)

新型車両:2010/11/12更新・12月号より

JR東日本 HB-E300系“リゾートしらかみ(青池編成)”

DJHP1012G_ph1-1.jpg

4人用ボックスシートを備えた
HB-E300系“リゾートしらかみ(青池編成)”

 JR東日本は,HB-E300系“リゾートしらかみ(青池編成)”を製造した。 HB-E300系は,ハイブリッドディーゼル方式を採用したリゾート車両で,五能線の快速「リゾートしらかみ号」用は4両編成。同形式としては初めて中間車が製造された。
 外装は,ステンレス車体(先頭部は軟鋼製)に現行のキハ48形改造車“リゾートしらかみ(青池編成)”を踏襲した青系の塗装で,車体前頭部と1・3号車の車端部側面にロゴを配置している。
 両先頭車(1・4号車)の内装は,2列+2列の回転式リクライニングシートとともに乗務員室後部に展望スペース(ラウンジ)を配置した構造。前面展望映像やイベント映像,沿線の観光情報を提供する液晶モニタも設備している。
 2号車は,半個室タイプの4人用ボックスシート車。ゆったりと確保された区画にはセンターテーブルを設備し,座面は引き出してフラットな状態にできる。3号車は1・4号車と同様に2列+2列の座席車で,車端部にイベントスペースを設けている。
 同車は秋田車両センターに所属し,2010(平成22)年12月4日に,現行編成のキハ48形改造車“リゾートしらかみ(青池編成)”と置き換えるかたちでデビューする。
DJHP1012G_ph1-2.jpg DJHP1012G_ph1-3.jpg
ボックスシートを配置した2号車はほかの車両よりも側窓の間隔が広い 2号車のボックスシート 座面を引き出しフラットな状態にすることもできる

JR四国 予讃線“アンパンマン列車”のリニューアルが完了

DJHP1012G_ph2-1.jpg
“ドキンちゃん号”を先頭車とした編成 各車両をそれぞれ別のキャラクターでデザイン
 JR四国は,予讃線の一部の特急列車で運行している“アンパンマン列車”のデザインをリニューアルした。
 予讃線では,“ばいきんまん号”と“ドキンちゃん号”をそれぞれ先頭車とした編成を運行しているが,このたび“アンパンマン列車”の誕生10周年を記念したエンブレムを掲出したラッピングに変更した。
 なお現在予讃線の“アンパンマン列車”は,特急「しおかぜ9・21・10・22号」,「いしづち13・25・10・22号」,「宇和海7・17・23・25・4・18・24号」で運用している。
DJHP1012G_ph2-2.jpg
“ばいきんまん号”を先頭車とした編成

東京都交通局 荒川線8800形に新塗色登場

DJHP1012G_ph3-1.jpg
8800形はローズレッドとバイオレットの2色が営業運転中
 東京都交通局は,荒川線用の8800形増備車を製造した。
 増備されたのは8806号・8807号の2両で,車体のアクセントカラーはバイオレット。すでに営業運転を開始している。
 8800形は,8801~8805号のローズレッドと今回のバイオレット,さらに2色をラインナップに加え,2010(平成22)年12月25日までには4色すべてが揃う見通しとなっている。同車は2011(平成23)年度まで増備をつづけ,7500形を置き換える。

JR九州 2011年春に豊肥本線・指宿枕崎線へ観光特急を導入

DJHP1012G_ph4-1.jpg
キハ183系1000番代を改造した“あそぼーい!”
イメージ提供:JR九州(3点とも)
 JR九州は,2011(平成23)年春に新しい観光特急として「あそぼーい!」と,「指宿のたまて箱」の運転を開始する。
 特急「あそぼーい!」は,豊肥本線熊本~宮地間で,3~11月の土曜・休日を中心に1日2往復運転。車両は特急「ゆふDX」用のキハ183系1000番代4両編成を転用。外装は白と黒を基調とし,キャラクターの犬“くろちゃん”をデザインしている。内装は木材をふんだんに使用し,先頭部に『パノラマシート』を設け,3号車は子ども向けの『ファミリー車両』として開放する。
 特急「指宿のたまて箱」は,指宿枕崎線鹿児島中央~指宿間を毎日3往復運転。車両はキハ47形2両を改造し,外装は車体側面の色が左右で異なる印象的なデザイン。側面の色は海側を白,山側を黒とし,随所にロゴやイラストが入っている。車内は木材をふんだんに使用し,各車両の中央部には海側に向けたカウンター席やソファ席を設ける。
DJHP1012G_ph4-2.jpg DJHP1012G_ph4-3.jpg
キハ47形2両を改造した“指宿のたまて箱”
“あそぼーい!”の3号車は『ファミリー車両』

JR東海 超電導リニア新型車両の概要を発表

DJHP1012G_ph5-1.jpg
L0系の外観イメージ
イメージ提供:JR東海(3点とも)
 JR東海は2013(平成25)年度末を完成目標に,山梨リニア実験線の延伸工事と設備更新工事を行なっている。これにともない,新実験線(42.8km)で走行する,営業線仕様の超電導リニア新型車両の概要を発表した。
 車両形式は,『L0(エル・ゼロ)系』。“L”はリニア(Linear),“0”は新幹線と同様に営業線仕様“第1世代”の車両を表わしている。先頭部ノーズ長は15mで,配色は白地に青のデザインを採用している。
 L0系は,先頭車4両・中間車10両を製造する。このうち先頭車2両・中間車3両は2013(平成25)年度に完成予定で,同年度末には新実験線を走行する。
DJHP1012G_ph5-2.jpg DJHP1012G_ph5-3.jpg
ロゴは車体側部にデザインされる予定
L0系の客室内イメージ