主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

DJ 鉄道ダイヤ情報

6月15日発売
特別定価:895円(税込)

新型車両:2013/01/11更新・2013年2月号より

いすみ鉄道 新型気動車いすみ350形を導入

isumi350_1.jpg
いすみ350形はいすみ300形に続く新潟トランシス“NDC”
 いすみ鉄道が導入した新型気動車いすみ350形が,2012(平成24)年12月,本社・車庫のある大多喜駅に搬入された。
 いすみ350形は,同年3月に営業運転を開始したいすみ300形と同等の性能の新潟トランシス“NDC”シリーズ車両で,通常運行のほか,イベント列車への対応も重視している。
 軽快気動車らしいスタイルだったいすみ300形とは異なり,かつてのキハ20 系を彷彿とさせる昭和の国鉄型気動車風の外観が特徴。前面・側面とも,実際に旧国鉄型気動車を有する会社らしいこだわりのスタイルだが,塗色は黄色地に緑と青の帯という同社の基本カラーになっている。
 座席はいすみ300形のセミクロスシートからオールロングシートに変更。“ビール列車”“懐石列車”などのイベント列車での運行時はいすみ300形との併結を前提としており,トイレは設けられていない。ただし,イベントでの活用に備え,コンパクトな手洗いが設置されているほか,シート前にテーブルを10基固定できるようになっている。
 そのほか,行先方向幕に「国吉」「上総東」を追加のうえで既存駅も含めて「ワンマン」併記のコマが用意されたほか,イベント用に同社の運転種別としては存在しない「特急」表記のコマも追加されている。
 いすみ350形は追ってもう1両が加わる予定で,いすみ300形3両,いすみ350形2両の新型車5両で,1988(昭和63)年の開業以来使用してきたいすみ200’形を置き換える。
isumi350_2.jpg isumi350_3.jpg isumi350_4.jpg
上部に2灯式前照灯を装備した前面 イベント用に「特急」の方向幕も用意されている 座席はオールロングシート トイレは設けられていない  車内の運転室扉の窓部分には室内灯の遮光のためにカーテンが追加された