主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • 児童書
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

DJ 鉄道ダイヤ情報

9月15日発売
定価:895円(税込)

新型車両掲載コーナー 2005/11/11更新・12月号より)

JR北海道 “U-DMV”が営業線で昼間走行試験を開始

p_200511_a1.jpg
線路を軽快に走る“U-DMV”は“DMV試験車”の課題を反映させたプロトタイプ
JR北海道は,線路と道路の双方を走行できる車両『デュアル・モード・ビークル(DMV)』の実用化に向けて,2004(平成16)年1月28日に試験車1両を登場させたが,新たに連結運転が可能な試験車2両を製作し,走行試験を開始した。
連結運転が可能な“DMV”は,2両で1組のユニット型で,愛称は“U-DMV”。既存の1両“DMV試験車”の走行試験とその課題を反映させたプロトタイプだ。
実用化に向けては,輸送力の拡大が大きな課題となったが,“U-DMV”では同一形式の車両を背あわせで連結し,2両1ユニットとすることで定員の倍増を図っている。試験車では定員が合計34名だが,実用車では50名程度をめざす。また,道路と線路とのモードチェンジを,“DMV試験車”から大幅に簡略化させている。
10月3日からは,北見駅~女満別空港間で鉄道営業線を使用した昼間の走行試験が開始された。この試験は,北見駅→西女満別駅間で石北本線の線路を走行し,西女満別駅→女満別空港→北見駅間で道路を走行する内容だった。
JR北海道では,2006(平成18)年度内の“DMV”営業運転開始を目標としており,今後も走行試験を継続していく計画だ。
p_200511_a2.jpg
p_200511_a3.jpg

緋牛内駅でキハ40形の普通列車4662Dと“列車交換”
西女満別駅で線路から道路へ モードチェンジの手間は大幅に簡略化された

JR貨物 M250系“スーパーレールカーゴ”2005年度ブルーリボン賞受賞式

p_200511_b1.jpg
撮影会と受賞式は荷役線で実施 架線の終端付近でパンタグラフを上昇して行なわれた
2005年度の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞したJR貨物M250系コンテナ電車“スーパーレールカーゴ”の受賞式が10月23日,東京貨物ターミナルで開催された。
式典では馬渡一眞鉄道友の会会長のあいさつ,同会の曽根 悟選考委員長からの選考経過報告につづき,馬渡会長から伊藤直彦JR貨物社長に表彰状が,久保 敏鉄道友の会副会長から小林正明JR貨物専務・ロジスティクス本部長に記念盾がそれぞれ贈呈された。こののち,伊藤社長と馬渡会長によって乗務員室助士側横の車体に仮取付けされたブルーリボン賞記念プレートの除幕が行なわれた。
なお,記念プレートは後日乗務員室内に移設されている。






東武鉄道 伊勢崎線・日光線に50050系を導入

p_200511_c1.jpg
地下鉄半蔵門線・東急田園都市線への直通運転に対応した伊勢崎線・日光線用の50050系
東武鉄道は2005(平成17)度分として製造を進めている50000系70両のうち,60両を東京地下鉄半蔵門線・東京急行電鉄田園都市線乗入れ対応の50050系として,2006(平成18)年2月頃から営業運転に投入する。
50050系は,東上線で運用中の50000系がベースの5M5Tの10両編成。外観上で目立つ変更点は前面への非常用扉取付けと,これにともなう前照灯・尾灯取付け位置の変更程度にとどまっている。50050系に先立って東上線に搬入された51002編成も,同仕様に変更されている。
50050系の投入により,30000系は一部が地上線に転用される。






阪急電鉄 2006(平成18)年夏に神戸線へ9000系を導入

p_200511_d1.jpg
神戸線新型車両9000系のイメージ
LCD式の車内案内情報装置を導入する
阪急電鉄は,神戸線に新型の9000系を導入し,2006(平成18)年夏から運用する。
神戸線9000系は,京都線9300系に引きつづき「すべてのお客様に快適な移動空間」をコンセプトとしており,新たに,LCD式の車内案内表示装置を設備するほか,前面と側面の列車種別表示器・行先表示器のLED化などが行なわれる。座席は,すべてがロングシートとなる。
なお,今回導入する神戸線9000系は8両編成×1本で,車両の製造は,9300系と同じく日立製作所で行なわれる。






西日本鉄道 天神大牟田線系統に3000形を導入

p_200511_e1.jpg
天神大牟田線新型車両3000形のイメージ
座席は転換式クロスシートを採用
西日本鉄道は,2006(平成18)年3月頃から,天神大牟田線に新型の3000形の導入を開始する。
3000形は省エネルギー化とメンテナンスコスト低減を図り,ステンレス車体・シングルアームパンタグラフ・集中クーラーを西鉄で初めて採用。従来車より車体幅を50mm拡大するほか,腰掛に転換式クロスシートを採用するなど,快適な車内環境も提供される。
3000形の新造数は,2007(平成19)年度末までに17両を予定している。導入時期は,今年度内に6両,2006年度に6両,2007年度に5両の予定だ。導入後はおもに急行電車に運用される。