主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

DJ 鉄道ダイヤ情報

9月15日発売
定価:895円(税込)

新型車両掲載コーナー 2006/04/14更新・5月号より

JR東日本 E331系一般型直流電車(量産先行車/京葉線)

p_200604_a1.jpg
連接台車や直接駆動式主電動機を採用した次世代通勤電車E331系
JR東日本がE993系“ACトレイン”の開発成果を取り入れ,製造を進めていたE331系一般型直流電車(通勤タイプ)の量産先行車が完成した。
E331系には,E993系で採用された連接構造やDDM(直接駆動式主電動機),イーサネットを応用した伝送方式による車両制御情報装置(AIMS)などの新機軸を採用。車体長(連結面間距離)は,両先頭車と中間の7・8号車の計4両が16.5m,そのほかの車両が13.4mで,編成両数を14両として,編成長を20m級車両10両編成と同じ200mに揃えた。また,台車中心間距離を13.4mと短くして,車体幅を最大2989mmとしている。
台車は,先頭台車および7号車と8号車の連結部を除いて連接構造とした。この結果,1編成あたり計16台車となり,一般的な20m級車両の10両編成と比較して4台車減となった。編成中の電動台車には,直接駆動式主電動機(DDM)を装荷している。
各車両とも片側3扉で,車内はロングシートでまとめられているが,両先頭車の運転台側のみ,セミクロスシートとロングシートの双方に変換できる可変座席となっている。
E331系は,2006年度内に京葉線で営業運転を開始する予定だ。
p_200604_a2.jpg
p_200604_a3.jpg

編成中間に位置する7号車と8号車の連結部
直接駆動式主電動機を1軸1台装荷した連接式の動力台車
 

JR東日本 E721系500番代一般型交流電車

p_200604_b1.jpg
客室の低床化により車内ステップ解消を実現したE721系500番代
JR東日本仙台支社は,仙台空港へのアクセス鉄道に使用するE721系500番代一般型交流電車を新造した。
仙台空港へのアクセス鉄道は,2006(平成18)年度末の開業に向けて,仙台空港鉄道が東北本線名取~仙台空港間に新路線の仙台空港線を建設している。E721系500番代は,仙台空港鉄道との相互直通運転に使用され,開業時点で2両編成×4本が出揃う計画だ。
E721系500番代は,盛岡方からクモハE721形500番代-クハE721形500番代で,最高運転速度は120km/h。特筆されるのは,客室全体の床面高さを低く設計したことで,701系の1130mmに対し180mm減の950mmとして,出入口部の車内ステップを解消した。低床化は,新設計の台車の採用により実現している。
車内は,腰掛をセミクロスシートとし,車いすスペース,車いす対応洋式便所のほか,空港アクセスでの用途となるため荷物スペースを設置。このほか,車内案内表示器,扉開閉表示灯,外国語放送対応の自動放送などを設備している。
p_200604_b2.jpg
p_200604_b3.jpg

腰掛はセミクロスシートを配置 1編成の定員は269名(座席定員は104名)
クモハE721形500番代の車端部には荷物スペースを設備
 

JR東日本 189系“彩野”(東武鉄道直通対応改造)

p_200604_c1.jpg
東武鉄道への直通運転対応改造にあわせて塗色変更された189系“彩野”
2003(平成15)年4月5日にデビューした189系リニューアル改造車“彩野”が,東武鉄道直通対応改造を受け,塗色変更された。
去る3月18日のダイヤ改正で,JR東日本と東武鉄道との相互直通特急が誕生したが,“彩野”は,この特急列車に使用する485系にあわせて,東武鉄道への直通運転に対応した保安装置を搭載する改造を実施し,車体塗色を変更した。この結果,485系の予備車としての役割を担うことになったが,従来どおり,多客・団体臨時列車での運用が基本となる。
p_200604_c2.jpg


蛍光灯カバーのイラストや客室とデッキの仕切り部に貼られていたロゴはなくなった


JR東日本 キハ48形“リゾートしらかみ”くまげら編成

p_200604_d1.jpg
3月18日に営業運転を開始した“リゾートしらかみ”くまげら編成
JR東日本秋田支社は,五能線クルージングトレインに新編成を投入し,3月18日より営業運転を開始した。
新しい“リゾートしらかみ”はくまげら編成で,愛称は世界自然遺産の白神山地に生息する野鳥「クマゲラ」に由来する。車体形状は第2編成のブナ編成と同様で,五能線沿線の夕陽をイメージしたデザインとしている。
編成は1号車から,キハ48 703-キハ48 1521-キハ48 704の3両編成。このうち2号車は,4両編成で登場した第1編成の青池編成からの転用車で,“リゾートしらかみ”は,3本とも3両編成になった。
なお,車内設備はブナ編成に準じている。






JR東日本 E217系近郊型直流電車(東海道本線)

p_200604_e1.jpg
“湘南色”となったE217系 東京~熱海間で限定運用される
横須賀線・総武快速線で運用中のE217系の一部が,東海道本線東京口に転用された。
E217系は,鎌倉車両センターと幕張車両センターに配置され,おもに横須賀線・総武快速線に運用されている。東海道本線東京口では,E231系近郊タイプの増備で113系の置換えを進めてきたが,今回,この置換えにあわせて,余剰になっていたE217系15両編成×3本を転用することで,113系の置換えを完了させた。
E217系は転用に際し,基本編成が11両,付属編成が4両だった組成を,基本編成のサハE217形0番代を付属編成に組み入れることで,基本編成を10両,付属編成を5両に変更した。また,基本編成と付属編成の連結位置が入れ替わることにあわせて,新たにクハE217形0番代に電気連結器が設備された。






JR北海道 789系特急型交流電車(増備車)

p_200604_f1.jpg
組成変更に備えて函館運転所に留置中のサハ789形100番代
JR北海道は,特急「スーパー白鳥号」用の789系を11両新造し,組成を変更した。
これまで789系は,基本編成が5両,付属編成が3両だったが,3月18日のダイヤ改正にあわせて11両を追加投入し,同時に基本編成を6両,付属編成を2両に組成変更した。新造11両の内訳は,クロハ789-105,クハ789-301・302,モハ788-105・301・302,サハ789-101~105。このうちサハ789形100番代は新形式で,基本編成の3号車に組み込まれた。
なお,基本編成の増加にあわせて,車両の運用本数も増加している。






JR東日本 新幹線高速試験電車E955形“FASTECH 360 Z”誕生

p_200604_g1.jpg
“FASTECH 360 Z”の両先頭部の形状はアローラインで 長さの違う2タイプを採用した
新在直通用の新幹線高速試験電車E955形“FASTECH 360 Z”(6両編成×1本)が完成し,公開された。
車両の詳細は本誌6月号で紹介する。