主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

DJ 鉄道ダイヤ情報

9月15日発売
定価:895円(税込)

新型車両掲載コーナー 2007/02/14更新・3月号より

JR東日本 485系団体専用列車“いろどり(彩)”

p_200702_a1.jpg
新しい旅客需要に応える485系団体専用列車“いろどり(彩)”
JR東日本長野支社は,長野総合車両センターの14系和式客車“浪漫”の後継車として,新しい団体専用列車を登場させた。
新しいジョイフルトレインは“いろどり(彩)”で,愛称は一般公募により決定した。485系改造の6両編成で,グリーン車化により各車両の記号番号を種車より変更している。
“いろどり(彩)”は『癒しと上質』をテーマに製作され,車両ごとに趣を変えた内外装色,設備としている。各車両は長野県にちなみ,信州の色鮮やかな四季の自然がモチーフで,外観のラインも,これにあわせた色彩としている。
外観の形状で特筆されるのは前面デザインの変更で,標識灯を集約したほか,表示器に大型の液晶ディスプレイが採用された。側面は,内装の変更で一部の側窓数が減少し,車椅子対応設備のある5号車で側扉の形状を変更しているが,このほかに大きな変更はない。なお,モロ484形のパンタグラフはシングルアーム式1台に変更された。
客室内は,座席と簡易コンパートメントが主体で,1・6号車は座席車として,ゆったりくつろげる2列+1列の回転式リクライニングシートを配置。2・3・5号車は簡易コンパートメント車として,テーブルを備えた4人掛けのボックス席を配置している。4号車はフリースペース車で,多目的室を併設。このほか,1・6号車に談話スペース,3号車にパウダールーム,5号車に添乗員室を設備している。
p_200702_a2.jpg
p_200702_a3.jpg

1・6号車は座席車 ゆったり大きな腰掛は2列+1列の配置
2・3・5号車は簡易コンパートメント車 椅子を引き出せばフルフラットになる

JR西日本 381系特急「やくも号」をリニューアル

p_200702_b1.jpg
“ゆったりやくも”の外観イメージ 塗色は現行の2種類を1種類に統一する
JR西日本は,特急「やくも号」用381系を順次リニューアルする。
リニューアルは,車内での居住性,快適性の向上を目的として,普通車の腰掛を取り替えるほか,窓側席下部のダクトを取り除いて足元スペースを拡大する。グリーン車は,すべての車両を3列シート化して質的向上を図る。トイレはすべて洋式化するとともに,4号車では,洗面所スペースを改良して男性用小便所を追設し,洋式便所は女性用に変更する。また,4号車には喫煙ルームを2カ所設置して,全席を禁煙化する。
リニューアル版の「やくも号」は“ゆったりやくも”の愛称で,古代人をイメージしたキャラクターも登場し,新しい特急「やくも号」がPRされる。“ゆったりやくも”は,3月下旬に登場し,展示会や試乗会を経て,4月3日に営業運転を開始する。リニューアルは順次行なわれ,2010(平成22)年度には全編成が“ゆったりやくも”になる計画だ。
p_200702_b2.jpg
p_200702_b3.jpg

“ゆったりやくも”のグリーン車(イメージ)は3列シート 連結位置は1号車に
普通車(イメージ)はすべての腰掛をホールド感あるバケットタイプに変更する
 

JR東日本 「SLばんえつ物語号」客車をリニューアル

p_200702_c1.jpg
腰掛は背もたれ部の高いタイプに交換 座り心地が向上する(イメージ)
JR東日本新潟支社は,快速「SLばんえつ物語号」客車をリニューアルする。
今回のリニューアルでは,年配者や家族連れに「より快適にご乗車していただきたい」をテーマに,心地よさ,楽しみ,使いやすさにこだわった設備の改良を図るもので,腰掛は背もたれの高いタイプに交換して,より快適に着席できるように改善する。展望車(4号車)は,車内販売スペースを5号車に移設して,展望車としての車内空間を拡大し,5号車の車内販売スペースも従来より大型化して,メニューをグレードアップさせる。また,外装は「オリエント急行」をイメージした濃い青色に変更して,編成イメージが一新される。