主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

DJ 鉄道ダイヤ情報

9月15日発売
定価:895円(税込)

新型車両掲載コーナー 2008/06/11更新・7月号より

神戸電鉄 6000系

p_200806_a1.jpg
より安全で快適な移動空間を実現する神戸電鉄の新型車両6000系
神戸電鉄(神鉄)は,新型車両6000系を新造した。6000系は「人と環境に優しく,安全・快適な車両」をコンセプトとして,神鉄では初めてとなるステンレス製車体を採用。車両のデザインを一新し,車内空間の拡大などで居住性の向上が図られた。今回は4両編成×1本が川崎重工業で製造され,6月4日に営業運転を開始した。
編成は新開地方から,M’c-M-M’-cM。全車両が電動車で,急勾配を有する線路形状のため,発電ブレーキを装備している。また,シングルアーム式の集電装置が神鉄で初めて採用されている。
外観は,ステンレスのシルバーを基調とした無塗装車体で,側面に従来から使用している赤色と,機能性を感じさせる黒色,落ち着きのあるゴールドを組み合わせたラインを配置している。
車内は,側面・妻面を木目調,天井を白色の化粧板とし,腰掛をグリーンの表地のロングシートとすることで,従来車両のイメージを継承。室内は従来車両より幅を拡大し,側窓も大型化。車椅子スペースを各車両に設置し,床面高さを低位置化するなど,バリアフリーにも配慮している。
p_200806_a2.jpg
p_200806_a3.jpg

広々とした6000系の車内 腰掛は1人あたりの座席幅を拡大
車椅子スペースは各車両の車端部に 跳ね上げ式の補助席を装備