主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

DJ 鉄道ダイヤ情報

6月15日発売
特別定価:895円(税込)

新型車両掲載コーナー 2009/12/14更新・1月号より

JR東日本 クモヤE995形“NE Train スマート電池くん”

p_200912_a1.jpg
蓄電池駆動電車のクモヤE995-1
後位側にパンタグラフを搭載
JR東日本は,『蓄電池駆動電車システム』を搭載した車両“NE Train スマート電池くん”を開発した。
記号番号は,クモヤE995-1。2003(平成15)年に試作されたディーゼルハイブリッド車両キヤE991-1が,2006(平成18)年に行なわれた燃料電池ハイブリッド車への改造を経て,蓄電池駆動電車として再登場した。
『蓄電池駆動電車システム』は,車体に大容量の蓄電池を搭載することで非電化区間の走行も可能にした新しい電車システム。非電化区間における環境負荷の低減が図られるほか,運用や車両メンテナンスの効率化といったメリットが見込まれる。
車両に搭載された主回路用蓄電池には,地上充電設備や架線からの充電のほか回生エネルギーの貯蔵が可能。電化区間では通常の電車としての走行や,架線からの充電も行なうためパンタグラフが新設され,新システムの電力変換装置・モーター制御装置を床下に搭載している。また,車内には主回路用蓄電池が並び,一部にロングシートの腰掛を配置。運転台の液晶モニタでは,蓄電池の残量・充電状況などシステム全体の情報が表示される。
クモヤE995-1は大宮総合車両センター内での試験走行を経て,2010(平成22)年1月からは本線上で地上充電設備と組み合わせた総合実験を開始する。
p_200912_a2.jpg
p_200912_a3.jpg

クモヤE995-1の前位側
主回路用蓄電池が並ぶ車内
 

JR四国 新デザイン“アンパンマン列車”運行中

p_200912_b1.jpg
アンパンマン列車“オレンジ”編成
JR四国では,特急「南風号」の一部列車で運用している“アンパンマン列車”の外装をリニューアルした。
2種類の新外装のうち,“グリーン”は「南風3・25・2・24号」で,“オレンジ”は「南風7・23・6・22号」で運用している。
p_200912_b2.jpg


アンパンマン列車“グリーン”編成