主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • 児童書
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

ジパング倶楽部

毎月25日発行

今月の一句    毎月下旬更新

「ジパング倶楽部」会員様から投句いただいた作品を、選者の評とともに掲載します(敬称略)。

※写真はイメージです。

 

 

 

【選者】    黒田杏子(くろだももこ

  東京女子大学入学と同時に山口青邨(せいそん)に入門。卒業後、定年まで博報堂で働く。『広告』編集長などを務め、瀬戸内寂聴をはじめ多くの文化人と親交を結ぶ。30歳から「日本列島桜花巡礼」を単独ですすめ、58歳で満行。「桜と巡礼」の俳人としても知られている。

kuroda momoko

■今月の一句 応募要項

「今月の一句」は、お題に沿った俳句作品をお一人様3句まで(お題ひとつにつき1回限り)ご応募ください。 採用者には、QUO(クオ)カードを進呈します。

11月のお題/紅葉(9月10日締切。ハガキの場合は当日消印有効)
12月のお題/コタツ(10月10日締切。ハガキの場合は当日消印有効)


応募はこちら

■入選作品発表

haiku08.jpg 8月のお題:    花火


【総評】
今月もたのしい句、いきいきした句、なつかしい句が揃いました。「今月の一句」へのご投句、たのしみに選句をさせていただきました。「花火」と聞けば、どなたにも豊かな季語の記憶があるのですね。みなさまの作品、いよいよ佳境に入ってきました。すばらしいです。こののちもどんどん作品をお寄せください。

tokusen.jpg

猫去りてねずみ花火の勝ちにけり    青森県 河村美保(67歳)

  ねずみ花火というものと、生きたネコの組み合わせ。臨場感溢れる作品ですが、何ともいえないユーモアと余韻があります。句作に挑戦することで、ご自分のうちに眠っている、忘れたりもしていた体験に再会できる。これも俳句の恵みなのです。

shuu.jpg

手を握るだけの思い出遠花火    東京都 樋山和夫(81歳)

  81歳の樋山さんの青春が語られています。ここにこの一行を投稿されたことで、心のうちに収められていた遠い日の自画像がありありと立ち上ってきましたね。俳句ってすばらしいですね。短いということがかえって雄弁であることを実感します。

病床に音のみを聞く夜の花火    東京都 髙田蓉子(83歳)

  花火を眺めることができなくても、その音を耳で愉しむことが可能です。俳句の季語の豊かさをあらためて知ることができて感動します。つまり、「遠花火」という日本語をじっくりと味わうことも人生のよろこび、豊かさですね。

花火見て首のだるさもふきとんで    岡山県 小野原啓次(79歳)

  あんなに首がだるかったのに。つぎつぎと打ち上げられる花火を夢中で眺めているうち、気がつくとあのだるさは嘘のように吹き飛んでしまっていたと……。大空を見上げることが、首の運動につながっていたのでしょうか。

列車から過ぎ行く町の花火見ゆ       千葉県 伊藤博康(72歳)

  こんな経験はどなたにもあるのではないでしょうか。車窓を流れてゆく町。その町の空に音なく広がる大小の花火の輪、その色彩。「旅情」という日本語も実感できる時ですね。ともかく、過不足なく詠み上げられています。

遠花火帰る娘の下駄の音    大阪府 吉田 穰(78歳)

  ある年代の方には、下駄の音がたまらないなつかしさを呼び起こすのだと思います。その娘さんは浴衣(ゆかた)を着ていると思います。日本中どこの町にも下駄店があった時代。鼻緒をすげたり、下駄の歯を継いだりしてもらったこともあった、日本の暮らし。

 

 

haiku07_02.jpg 7月のお題:    夏の夜


【総評】
俳句っておもしろいですね。どんな題が出ても、それぞれに詠んでみたくなるのですから。今月の作品もいろいろな角度から一行十七音字の宇宙が構築されていて新鮮でした。俳句は誰でも作れます。お元気であれば、100歳からでもスタートできる日本の国民文芸。そのすばらしさを今回も実感しました。

tokusen.jpg

夏の夜やそぞろ歩きの下駄の音    岐阜県 宇須井等(72歳)

  「夏の夜」、そして「そぞろ歩き」ときて何と止めるのかしらと思ったところ、「下駄の音」。いいですね。履物はお好みでいろいろ楽しめます。作者ご自身でもいいのですが、お連れの方、見かけた人でもいい。過不足のない秀吟です。

shuu.jpg

夏の夜の夢に吾より若き父    東京都 酒井 努(89歳)

  お元気で長命を保っておられる作者。夏の夜の夢に、若々しい壮年の活気溢れる父上が登場。おもしろいですね。夢というものの不思議。とてもなつかしかったのではありませんか。俳句ってこんな出合いも詠めるんですね。

砂浜に寝て夏の夜の星数う    東京都 坂田誠太郎(71歳)

  実体験を素直に詠み上げられて、気持ちのいい句になりました。星がよく見えたのですね。寝転んでいるのは砂浜。夏の夜ならではの開放感。少年時代に戻ったようなこころのときめき。でも作者70代。そこがすばらしい。

幽霊は真夏の夜が好きらしい    京都府 佐藤 瞳(77歳)

  冬や春、秋でもダメですね。幽霊といえばやっぱり夏。そこを「真夏の夜が好きらしい」と詠み上げて、印象深い句になりました。こういう表現も俳句ではよろしいのです。どうぞみなさま、思い切って自在に句作を愉しんでください。

待合はす居酒屋夏の夜の会話       東京都 今田 克(85歳)

  居酒屋へ出かけて行かれる85歳の作者の健やかさ。頼もしいですね。そして「夏の夜の会話」です。愉しい話、聞かせたい話など、いろいろあって待ち合わせたのです。闊達(かったつ)な作者の存在を頼もしく思い、元気をいただきました。

夏の夜の北へ最終列車待つ    青森県 田端朝雄(68歳)

  北へ行く最終列車。青森からだと北海道でしょうか。夏の夜ですからもちろん、寒くもないし、さみしくもない。たっぷりと旅情を含んだ句で心地よいですね。夜風を、つまり旅の夜風を感じさせてくれた作品でした。

 

 

haiku06.jpg 6月のお題:    梅雨


【総評】
このたびも、いろいろな角度から詠み上げられた作品が揃いました。どこかに「旅」ということがこころにある句。それはどれも前向きで、夢と希望、ロマンがあるということがご投句全体を拝見して分かりました。人間は旅ができる。ほかのいきものは、移動はできてもそれは旅ではない。旅を愉しみ、旅のできる人生に感謝したいですね。

tokusen.jpg

梅雨寒の旅熱燗で落ち着きぬ    埼玉県 長戸康孝(68歳)

  実感が出ていますね。ほっとされた作者の表情。熱燗を手にされた嬉しそうな様子。そっくり伝わってくるところがこの句のよろしさです。こういう句はこののちもこころに長く棲みついて、折あるごとに思い出される句でしょう。

shuu.jpg

新幹線駅弁美味し走り梅雨    群馬県 力丸喜美子(70歳)

  近頃駅弁がおいしくなってきています。種類も多くなり、アイディア溢れるネーミングも愉しい。窓の外の雨を眺めつつ、いや、窓を打つ雨粒を見つついただくそのお弁当の愉しさ。旅のよろこびそのものですね。

入梅や雨の名所を巡る旅    東京都 三浦正明(78歳)

 「雨の名所を巡る旅」。なかなか風流な表現。晴天の日の旅はもちろんいいのですが、雨の日の景色もまた捨てがたい。名所は各地にあります。しっかりと傘を掲げて、足元もコートも心配なく整えて、静かに巡る旅。

逢いたくて梅雨の晴れ間を予約する    三重県 青砥たかこ(66歳)

 「梅雨の晴れ間」。この季語をよく生かされています。調べれば天気予報は分かる現在。つかの間のその日を大切にして、電車や宿を予約する。お二人の気分の高まりが伝わります。「逢いたくて」の上五も効果をあげています。

梅雨晴れ間飛べるもの皆羽ばたけり    新潟県 中島貞男(77歳)

  鳥も昆虫も何もかも。蝶もよろこんで……。まぶしいその日の太陽のひかり。作者のこころも弾んできます。「飛べるもの皆羽ばたけり」。これはいい表現です。森羅万象、俳句に詠めないものはない。その証明のような一行。

梅雨明けの旅の企て楽しみて    千葉県 保田隆夫(65歳)

  いまは梅雨の真っただなか。しかし、必ず明けることが分かっている。梅雨が明けたら、さっそく出かけよう。「旅の企て」。ここがいいですね。計画を愉しむ。実現できたら本当に満足。未来を思えるのは、若さの証明です。

 

 

haiku05_02.jpg 5月のお題:    柏餅


【総評】
柏餅と聞いて、無数にたちどころに句が浮かんでくる方がこの国には無数にいらっしゃることがよく分かりました。自家製のお母様の手作りの柏餅が、何年経っても忘れられない。私自身その通りなので、選句はなつかしい時間でした。

tokusen.jpg

うまかった母の手づくり柏餅    京都府 西山孝昭(77歳)

  どんな名店の柏餅にもまさる柏餅。それはすべてが自家製。餅も餡(あん)も手作り。小豆(あずき)を煮る匂い。餅を形作る手順。ホームメイドの柏餅は、母上の愛情そのものの味。「うまかった」の上五音字にため息が込められています。

shuu.jpg

むし上がるゆげの甘さや柏餅    宮崎県 鎌田和子(72歳)

  「蒸籠」、「せいろう」という台所道具があります。「せいろ」とも言います。その器具を使って作るお餅。いまだにその湯気の何ともいえないゆたかな、幸せな香りを忘れられない作者。私もこの方の記憶に共感、共鳴しました。

大人びて僕も味噌餡柏餅    青森県 大川 知(68歳)

  小豆の餡と味噌餡がある地方も多いのです。近年はお店でも両方売っています。幼いお子さんが味噌餡を所望。かわいいですね。作者は嬉しく、頼もしく感じておられる。その気持ちが伝わってくる新鮮な作品です。

母作る餡いっぱいの柏餅    東京都 三浦洋子(75歳)

  惜しげもなくたっぷりと餡が包まれている。ずっしりとしたその柏餅は、重みのある粒餡ではちきれそうな存在感のある形。何ともなつかしいその感触。作者はこども時代を思い出して一気に詠みあげたのでしょう。

明日には届くからねと柏餅    神奈川県 大森利憲(78歳)

  宅配便というもののおかげで、こういう句が作れるようになりました。自家製のもの、お店で買ったものでも、翌日の朝には届いてしまう。便利な時代です。電話での予告そのままが、一行十七音字の俳句になったのです。

半分にして妻と食ぶ柏餅    新潟県 長野光雄(73歳)

  おいしいけれど、一人でひとついただくのはちょっと。でも食べたい。夫婦でひとつ。仲良く半分こ。おいしい新茶を淹れて。それもまた愉しいことですね。季節感をたっぷりと満喫できる。半分ずつだとよりおいしいのでは。