TOP交通新聞ニュース2024年 > ■気になるニュースから■ 「666」記念乗車券・入場券 鉄道各社で発売

交通新聞ニュース

■気になるニュースから■ 「666」記念乗車券・入場券 鉄道各社で発売

2024年5月2日

「令和6年6月6日」と6が三つ並ぶ同日の記念乗車券・入場券が鉄道各社で企画された。「令和5年5月5日」のようにGO! GO! GO!という景気の良いキャッチフレーズは見当たらないが、それでも各社では工夫を凝らし商品化している。

■相模鉄道

相模鉄道は「令和6年6月6日 記念入場券」を同日から発売する。

相鉄線5駅(横浜駅・二俣川駅・大和駅・海老名駅・湘南台駅)のA型硬券入場券。

「6」にちなみ、昭和・平成の相鉄線を駆け抜けた「6000系」電車(1961年登場)と「6000系試作車モハ6021」電車(1967年登場)、「新6000系」電車(1970年登場)の紹介文を記載。表紙デザインは平成6年6月6日当時に乗務員などが携帯していた相鉄いずみ野線いずみ中央駅が終点の「列車運行図表(ダイヤ図)」をモチーフとした。1800セット。800円。

相鉄線の7駅(横浜駅1階・星川駅・二俣川駅・大和駅・さがみ野駅・湘南台駅・羽沢横浜国大駅)で販売するほか、通信販売でも取り扱う。6月30日まで、売り切れ次第終了。

相鉄666.png

■水島臨海鉄道

JR貨物グループの水島臨海鉄道は「令和6年6月6日」の6並びの日を記念した「ゾロ目記念硬券入場券」を同日から発売する。

ゾロ目の和暦(6.-6.-6)を購入者が専用のダッチングマシンで押印。倉敷市駅硬券、硬券用OPP袋、硬券用台紙、社名入り封筒をセットして150円。500枚限定。倉敷市駅窓口で取り扱う。

■井原鉄道

岡山・広島県を結ぶ第三セクター鉄道・井原鉄道は、令和6年6月6日の「6並びの日」を記念して、同日から「井原鉄道6並び記念入場券」を発売する。30日まで。

「令和元(1年)11月11日」「令和2年2月22日」「令和3年3月3日」「令和4年4月4日」「令和5年5月5日」と毎年発売する人気商品。備中呉妹駅入場券(B型硬券)で、1枚190円。600枚限定。2025年7月7日までの1日有効。井原鉄道ヤフーショッピング、吉備真備駅のほか、備中呉妹駅では6月6日6時6分から同日限定で100枚販売。在庫状況に応じて通信販売も行う。

井原666.png 

■熊本電気鉄道

熊本電気鉄道は20日から「令和06.06.06記念乗車券」を発売する。6にこだわり「6000形」をあしらったC型硬券2枚と台紙をセット。980円。500部限定。オンラインくまでんSHOPは20日9時から、北熊本駅併設くまでんSHOPは24日から取り扱う。

熊本666.png

■流鉄

「令和6年6月6日記念乗車券セット」を発売している。イラスト作家・杉本聖奈(すぎもと・まりな)さんが描いたポップアップカードときっぷをセット。1200円。流鉄流山線各駅で取り扱う。

流鉄666.png