TOP出版物 > 156 なぜ日本の列車は秒刻みで動くのか

車両・技術

156 なぜ日本の列車は秒刻みで動くのか

  • NEW
  • 電子書籍あり
価格 990円(税込)
発売日 2021.10.15
制作 著者:荒木 文宏
サイズ/判型 新書判
ISBN 978-4-330-05721-7

日本の鉄道は、150年間で独自進化していた!

毎日、定時で走る新幹線や通勤電車。そんなごく日常の日本の鉄道シーンは、じつは世界的にとても珍しいものだった!……こうした“ガラパゴス化”ぶりの詳細を、文化と技術の観点から解きほぐし、専門領域の解説と近年の研究成果を交えながら、世界に誇る技とアイデアの数々“ナイス・ガラパゴス”として紹介します。
150年にわたる鉄道の進化ぶりから、日本の風土の特徴が見えるとともに、日本人としての誇りもみなぎる一冊です。

内容紹介

序章:日本は鉄道と、こうして出会った

第1章:日本は鉄道を狭軌で建設してしまった

第2章:日本には、馬車文化が無かった

第3章:定時に運行する日本

第4章:軌間のナイスガラパゴス~改軌から世界のシンカンセンへ

第5章:日本はなぜ電車王国なのか?

第6章:電化が日本で進んだ歩みと実際

第7章:電気車両の進歩を見る

第8章:リニアモーターカーは、未来のナイス・ガラパゴスだ!

第9章:日本の環境が生んだ騒音・振動対策

第10章:時代に流されたナイス・ガラパゴス 電気式ディーゼル車

著者紹介

荒木 文宏(あらき ふみひろ)
1941(昭和16)年生まれ、大阪工業大学機械工学科卒。
鉄道博物館副館長。1966(昭和41)年日本国有鉄道入社。
以来、運転局、運輸車両部、三鷹電車区長、大船工場長などを歴任。
2007(平成19)年より公益財団法人 東日本鉄道文化財団に所属し、
鉄道技術史研究などに携わる。

シリーズ一覧 - LINE UP -

人気商品 BEST SELLER

おすすめ商品 RECOMMENDED

詳しい購入方法は、各書店のサイトにてご確認ください。

  • 書店によって、この本を扱っていない場合があります。ご了承ください。