TOP商品・サービス出版物 > JRガゼット

JRガゼット

JRガゼットロゴ
毎月1日発売
定価:627円(税込)

鉄道人のための専門情報誌

全JRの各部担当者による論文、識者・研究者の論考、専門ライター等によるインタビューや取材等を通じて、運輸・交通業界及び関連業界の情報を提供しています。

最新号紹介

JRガゼット 2019年9月号

  • JRガゼット

特集
車両開発
〜より快適かつ信頼性の高い車両を目指して〜

第2特集
JR3社の駅構内店舗の展開
〜もっと足を運びたくなる店づくり〜

~巻頭グラビア~
安全・快適な列車の旅を提供するJR各社の代表車両

 Top Opinion
◇JRシステム
代表取締役社長 本多 博隆

COMMENTARY
◇国土交通省
令和元年版国土交通白書の概要①

Information
◇一般社団法人日本民営鉄道協会
大手民鉄16社の2018年度鉄軌道部門実績などを発表

 ◇国土交通省
2018年度航空輸送統計の概要

■連載■
【GLOBAL REPORT】~JR東日本 国際事業本部 シンガポール事務所~
▶シンガポールにおける新たな『働き方』への挑戦

【大手民鉄はいま…】
▶大手民鉄と小売業 その2

【知るバス】
▶待望のデビュー! 国産初の連節バス
◇コラム◇国産連節バスのベース車となったいすゞエルガ/日野ブルーリボンとは

【鉄道を支える匠の技】
▶「次の駅」から、避難誘導まで、音響で担う乗客の利便性と安全
車内放送装置、列車無線装置製造の
八幡電気産業株式会社

【Mobile×Transport】
▶日本でも開始準備が進む「電動キックボードシェアリング」とは何か

【「日本鉄道賞」ニュース】
<国土交通省 鉄道局 鉄道サービス政策室>

▶JR九州
日田彦山線復興祈念「イルミネーション列車」の運行

【駅メン紀行】
▶駅そば店にしか出せない香り弾ける八王子ラーメン
〜京王電鉄京王線ほか北野駅〜

【ニュースプラザ】

【Airline Laboratory】は次号(10月号)の掲載となります。

次号予告

2019年10月号の発売日は、10月1日(火)の予定です。

CONTENTS

●特集
地上設備のメンテナンス
~より高レベルでの機能性維持を目指して~
 JR旅客6社における地上設備のメンテナンスに関する基本的な考え方や課題、いっそうの機能性維持・向上およびメンテナンスの効率化に向けた近年の取り組みや主な成果、激甚化する自然災害に備えた取り組みや新たな技術や知見の導入等、今後の地上設備のメンテナンスに関する取り組みへの抱負・展望などについて紹介します。
―連載など―
●巻頭グラビア
 歴史を刻んだ在来線
●COMMENTARY
 令和元年版国土交通白書の概要②
●information
 新潟県・庄内エリア デスティネーションキャンペーン ほか
●GLOBAL REPORT
 欧州最大の交通プロジェクトとその情報公開

*編集の都合により、内容が変更になる場合があります。

鉄分@交通新聞社公式アカウント

交通新聞社の鉄道専用アカウントです。 鉄道に関する商品の情報をお知らせします。フォローお待ちしております。

お問い合わせ

JRガゼットに関するお問い合わせはこちら。